襖紙の種類・デザイン

襖紙の種類・デザイン

ふすま紙の種類には、大きく分けて「紙」と「糸入り」に分けられます。

「紙」は安く仕上げたい人にお薦めで、「糸入り」は一般的なふすま紙で丈夫で長持ちします。

弊社では、「紙」は、「新鳥の子」と「鳥の子」の2種類をご用意しています。

そして「糸入り」は、「普及品(吉兆)」、「上級品(日新)」、「八千代織」の3種類をご用意しております。

以下に、襖紙の種類と特徴を一覧表にまとめてみました。

襖紙の種類一覧

紙質 と 特徴
新鳥の子襖紙の中でも、最も安価なふすま紙です。
とにかく安く仕上げたい人向けです。
鳥の子鳥の子は機械で漉きますが、技術の向上に伴い、手漉きに近い風合いを出しています。
糸入り 普及品(吉兆)最も一般的なふすま紙です。
価格と品質にこだわる人にお薦めです。
上級品(日新)紙質、質感、デザイン、耐久性等、全てにおいて優れています。
八千代織高級織物のふすま紙です。
品質はもちろん、格式にもこだわりたい人にお薦めです。

襖紙のデザイン表

襖紙のデザイン数
新鳥の子50種類以上、ご用意しています。
鳥の子数十種類、ご用意しています。
糸入り 普及品(吉兆)42種類、ご用意しています。
上級品(日新)35種類、ご用意しています。
八千代織数十種類、ご用意しています。

不明な点は、いつでもお気軽にお問い合わせ下さい。

ホームページをご覧のお客様でご依頼いただきましたお客様には、粗品を進呈しております。

お問い合わせやご注文・ご依頼の際には、必ず「ホームページを見ました」とお伝え下さい。

お問い合わせ先

このページの先頭へ